ふくちゃんのblog
バイクとキャンプと猫たちと
バイク

ファーストインプレッション BMW R1250GS 2021モデル ~200㎞ほど走って思うこと~

,

先日購入してしまったBMWのR1250GS(2021年モデル)。

※アドベンチャー(ADV)ではなく無印のGSです。

まだバイクの慣らし運転中で200㎞ほどしか走っていませんが、乗った直後のイメージが新鮮なうちにファーストインプレッションをお伝え替えしたいと思います。

なお、R1250GS(2021年モデル)の足つき性については次の記事に書いていますのでお時間がるときにでもご覧ください。

2020モデルからの変更点

主な変更点は以下の通りです。

  • ヘッドライト : アダプティブ・ヘッドライト(車体が傾くと、それに応じて自動的にヘッドライトの照射範囲を変化させる。)
  • ウインカー : デザイン変更
  • シートヒーター : パッセンジャー用も含め新たに装着
  • ドライビングモード : 「ECO」モードを新たに追加
  • USBポート : メーター右側に新たに追加
  • フォグランプ : 標準装備

良かったところ

エンジン

先代のエンジンを搭載していた’18モデルのR1200R(LC)に乗っていたのですが、明らかに低速トルクが太くなっています。

先代のエンジンはちょっと油断してスタートさせるとスコン!とほとんど振動もせずにエンストをしてしまいます。このため、Uターンなどをするときはエンジンを少し高めの回転を保つことが必要で、エンジンの回転が落ちないようにするのにちょっと気を使っていました。

それ現が行型のエンジンになると、先代のエンジンは何だったんだ?と思えるほど低速トルクが太くなっており、スタートや低速走行時のエンストに気を使う必要が無くなりました。

このおかげで、通常の走行で一つ上のギヤを使っても気持のちいいレスポンスをエンジンから得ることが出来ます。

クラッチ

何といっても軽いです。わたしは握力がある方ではないですが、二本指で楽々操作できます。

それに半クラが分かりやすいですね。分かりやすいのに加えて半クラの範囲が広いように思えます。

しかもその広い範囲は、滑りすぎず、つながりすぎず、の範囲が広いので、クラッチワークの下手な私でもそれなりに半クラを使いこなすことが出来ます。

このクラッチと上で説明している通りエンジンの低速トルクが太くなっているおかげでエンストの心配をあまりする必要が無くなり、小回りをするときに思い切ってバイクをバンクさせることが出来ます。

ブレーキ

リヤブレーキがよく効きます。

身長が低いせいで、低速走行や小回りのしやすさを非常に気にします。

身長が低いと(正確には足が短いと(^^;))バランスを崩して足をついても、その時にはバイクが傾きすぎており支えることが出来ないのです。

リヤブレーキが効かないバイクは速度を調整しにくく、そのため低速走行や小回りがしにくいのです。また、リヤブレーキが効かないと力を入れてペダルを踏むので、体が硬くなってバランスを崩しやすくなるのです。

ただ、グラベルを走るときはちょっと効きすぎかもしれません。

特にノーマルタイヤでグラベルを走るときはすぐにリヤがロックしてしまいそうです。

そこはテクニックでカバーするか、ABSをうまく効かせるかで何とかなりそうですが。

ノーズダイブが少ない

ノーズダイブが少ないので、停車するときにバイクが安定しやすいです。

GSはフロントサスがテレレバーというちょっと変わった機構が搭載されているおかげで、ブレーキをかけたときのノーズダイブがかなり少ないのです。

サスストロークが多い重量級のバイクでブレーキをかけるとフロントが驚くほどダイブしてしまいます。ノーズダイブが多いと、特に停車する際にバランスを崩しやすくなってしまいます。

また、フロントとリヤのブレーキのどちらも使って停車した後にブレーキを離すと、バイクが浮き上がって足つき性が悪化し、わたしのように足の短い者は少しヒヤッとしてしまうのですが、これがないのは非常にありがたいことです。 

USBポート

やっと搭載されましたね、USBポート。

わたしはスマホをナビ代わりに使っているので、USBポートはぜひとも欲しい装備の一つでした。

USBポートは社外品のものでもよいのですが、どうしても”後から付けました”感がでてあまり好きではないのです。

それに、BMWは下手に電源を取ってしまうとエラーを吐き出してしまうので、電装系を後から追加したくないのも理由の一つです。

スクリーン

スクリーンはちょうどよい大きさだと思いました。

また、高さの調整範囲が広いのが良いですね。

一番下げればスクリーンの上端があごの下あたり。一番上まで上げれば顔がほぼ隠れます。

走行シーンに合わせて調整できるのが非常に良いですね。

わたしがホンダのアフリカツイン(CRF1100)アドベンチャースポーツに乗ると、スクリーンを一番下げたときにスクリーンの上端が目線の真ん前、一番上まで上げると顔が隠れます。

スクリーンの上端が目線の真ん前にあると非常に不快で、かといって上にあげるとスクリーン越しに運転することになってしまいます。

アフリカツインのスクリーンはゆがみが少ないほうではないので、スクリーン越しに運手はしずらく、長時間運転していると船酔いを起こしてしまったようになってしまいます。

悪かったところ

不要な装備

フォグランプ :2021モデルから標準装備になりました。夜間走行することがほとんどないのでオプションとしてほしかったですね。また、転倒した時に打ち付けてしまいそうな所に取り付けられているのも、いかがなものかと。

シートヒーター : これもオプションとしてもらいたかったですね。わたし的にはあまりシートヒーターの必要性を感じていないので。

また、シートヒーター用が配線がシートと車両でつながっているので、シートを外すときやETCカードの抜き差しの時に少し鬱陶しいです。

フロントシート
パッセンジャーシート

ナビフォルダー : 純正ナビを取り付ける予定がないので必要性を感じません。オプションとしてもらえればその分安くなるのでは?

スマホ用のスマホホルダーの取り付けとナビフォルダーの取り外し方法について記事を書いていますので、お暇があればぜひご覧ください。

グリップヒーター・シートヒーターのスイッチ

以前のモデルは、右側にあるグリップヒーターのスイッチの押す回数によりオン、オフと温度設定が出来ていました。 

しかし、今回のモデルからシートヒーターが標準装備されたことにより、右側のハンドルにあるグリップヒーターのスイッチを押した後に左側のダイヤルスイッチでメーターに映し出されているグリップヒーターかシートヒーターを選択し、さらに温度を選択するようになりました。

グリップヒーターかシートヒーターを選択
暖かさを選択

操作が複雑になってしまったのはちょっと残念です。走行中に行うのはなかなか難しいように思えます。

センタースタンド

センタースタンドが標準装備なのはうれしいのですが、場所がいまいちよくないような。

立てるときはいいのですが、下すときに油断をするとスタンドが脛に当たってしまいます。

背が低いので、センタースタンドから降ろすときは車両にべったりとくっついて転倒させないようにするのですが、そうすると必然的にセンタースタンドに近づき、結果脛を強打してしまうのです。

もう少し乗らなと判断ができないところ

ハンドリング

ハンドリングが非常に不思議で、正直何と表現していいのか分からないのですが。

フロントの接地感が有るような、無いような、というのが一番不思議に感じるところです。

納車直後にはフロントもリヤも接地感がない!と思ったのですが、これはタイヤが新品で滑りやすかったのが原因だとわかり、60㎞くらい走った辺りから徐々に改善されてきました。

しかし、フロントの接地感の希薄さはいまだに残ります。

かといって、滑っている感じではないのです。それなりの速度でコーナーに入っても。

ひょっとしたらブレーキング時のノーズダイブが少ないのでフロントに過重かかかっているように感じず、それが接地感を感じない原因かもしれません。

また、多くのバイクはブレーキをかけて荷重をフロントにかけた方がバイクを寝かしやすと思うのですが、このバイクはブレーキをかけなくてもパタンと倒れるのです。何かのきっかけを必要としないように思えるのです。

そしてコーナーの立ち上がりでバイクを起こすのも、アクセルを開けなくてもフッと起きるのです。じゃあ、アクセルを開けるとさらに起きやすいか、と言われると、そうでもないのです。

そんな感じならS字が走りやすいかと言われると、そうでもなく思いのほかモッサり感が出ます。

多くのバイクのように、アクセルのオン・オフできっかけを作ってS字を走る方がキビキビ感を感じます。

そのような感じで、ハンドリングはとにかく不思議です。

決して乗りにくい、といったことではなく、今のところ美味しく走れるポイントが分からない、といった感じでしょうか。

キーレス

最近はバイクでもキーレスが普及してきました。しかし、昔の人間としてはちょっと戸惑ってしまいます。

戸惑ってしまうのは、

  • 運転中、キーレスをどこに入れておくか
  • 給油用のエネキーとの相性

の2つです。

”どこに入れておくか”は、いろいろ試して、絶対に紛失しない場所を見つけるしかないのでしょうね。

”エネキーとの相性”ですが、今まではバイクのカギと一緒にしておけばよかったのですが、これからはキーレスと一緒にしておくのが良いのか、まずはその辺りから探っていくしかないように思えます。

終わりに

2021モデルのR1250GSですが、バイクの基本性能にかかわる部分での悪いところは今のところ発見できていません。

そのうち見つかるかもしれませんが、致命的なところは出てこないような気がします。

そして、もし、R1200GSの中古の購入を検討されている方がいらっしゃれば、2021モデルにかかわらず一度R1250GSを試乗することをお勧めします。

エンジンの特性、特に低速での扱いやすさが全く違うからです。

正直わたしはR1200GSを購入したいと思っていませんでした。低速でエンジンが扱いにくいので。

しかし、R1250GSを試乗させてもらって考えが一気に変わり、これなら乗ってもいい、ではなく、これに乗りたい!と思いました。

そうそう、思い出しました。GSの悪いところを。

GSがあまりにも優等生すぎるので、ちょっとヤンチャなバイクがもう一台欲しくなってしまうことです。

,

それでは、皆さんの参考になれば幸いです。

セカンドインプレッションをアップしましたので、あわせて読んでいただけたら嬉しいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA