ふくちゃんのblog
バイクとキャンプと猫たちと
バイク

2022年モデルのBMW S1000RR(レースパッケージ)を見てきたので、ちょっとだけご紹介

,

いつもお世話になっているBMWモトラッドのディーラーに、2022モデルのS1000RR(レースパッケージ)が展示されていましたので、ちょっとだけご紹介します。

2022モデルのS1000RRのMパッケージはこちらにまとめていますので、ご覧ください。

また、最後の方にS1000RRの足つき性やインプレッションなどをまとめたブログのリンクを載せておきますので、ご興味のある方は是非どうぞ。

2022年モデルのS1000RR(レースパッケージ)

今回ご紹介するのは、2022年モデルのS1000RR(レースパッケージ)です。

カラーリング

カラーはミネラルグレイ・メタリック

ミネラルグレイ・メタリックは2022年モデルからの新色ですね。

メタリックも非常にきれいに入っいて、室内光ではなく、太陽光の下で見たらもっときれいだろうな、といった印象を受けました。

また、落ち着いた深みのある赤がアクセントで入っていて、これがグレイとの相性が良く、白青のHPカラーに見慣れているわたしにとっては、このカラーもなかなかいいな!と思いました。

正面から。

グレーだと顔が引き締まって見えますね。

跳ね上がったお尻が素敵です。

この角度から見るS1000RRって好きです。

グレード

展示されていた車両のグレードはDDC付のレースパッケージでした。

Mパッケージだと標準でカーボンホイールが付いてきますが、こちらはアルミの鋳造(?)ホイールですね。

もちろん、オプションでカーボンホイールに変更することも出来ます。前後で80万円以上ですが・・・。

レースパッケージと名前が付きますが、グリップヒーターもETCも標準装備です。

ここはBMWらしいところですね。

ちょっと気になったのがマフラー。

アクラポビッチのマフラーが取り付けられていました。

なんとレースパッケージでは標準装備です!

マフラーの中は、相変わらずすっトントンです。

2022年モデルのMパッケージとの違い

レースパッケージとMパッケージの違いは、

  • ホイール(Mパッケージはカーボンホイールが標準装備)
  • マフラー(Mパッケージはステンレスマフラーが標準装備)
  • シート(MパッケージはMシートが標準装備)
  • ライディングモード(MパッケージはライディングモードProが標準装備)
  • カラーリング

です。

2022年モデルのMパッケージのカラーリングで本体色以外の違いでわたしが気が付いたのは次の2つです。

フロントブレーキキャリパーがレースパッケージは黒色。Mパッケージは青色。

レースパッケージ
Mパッケージ

燃料キャップがレースパッケージはシルバー。Mパッケージは黒色。

レースパッケージ
Mパッケージ

ちなみに、青白のHPカラーはMパッケージ専用カラーです。

2019年モデルではブレーキディスクの厚みが違ったり、スイングアームの取り付け位置が調整出来たりの違いがあったはずですが、2021年モデルくらいからはレースパッケージ(スタンダードモデル)とMパッケージの違いがあまりなくなってきているような感じがします。

※お店に担当の方がいらっしゃらなかったので詳しく聞くことが出来ませんでした。

ですので、好みのカラーリングを基準にしてモデルを選んでもよさそうな気がします。

ちなみにわたしは2020年モデルのS1000RR(Mパッケージ)を所有しています。

足つき性やインプレションをブログにまとめていますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

終わりに

と、いうことで、2022年モデルのS1000RRのご紹介でした。

新型のS1000RRが発表されたのが2019年だったと思いますので、はや3年。

3年たっているにもかかわらず、ツーリング先で見かけることは滅多にありません。

リッターSSの中で人と被らないバイクを探している方、いかがでしょうか?

ちょっとお高いですが・・・。

と、お高いバイクの話題が出たところでちょっと話が横道にそれますが・・・。

警察庁の発表によると、2020年の1年間でバイクの盗難は全国で9,018件。検挙率はたったの16.5%しかありません。

ちなみに2018年の盗難件数は20,184件でしたので、それに比べれば減ってはきていますが、これは新型コロナウイスの蔓延が影響しているようです。

近年のバイクブームを考えると、今後も盗難件数が減っていくとは、少し考えにくいのではないでしょうか。

つまり、バイクの盗難は思いのほか身近にあると考えていいのではないでしょうか。

そのように考えると、バイクの盗難に遭ってしまった後のことも考えておいた方が良いのかもしれませんね。

,

POSTED COMMENT

  1. らいらいけん より:

    レースパッケージは2022から鋳造ホイールになりリチウムバッテリーも搭載されていません。

    • fukuchan より:

      らいらいけん 様

      ご指摘ありがとうございます。
      バッテリーの件は、わたしの勘違いでした。
      ホイールですが、BMWモトラッドのホームページ内にある見積もりのページで確認し、M 鍛造ホイールは「S 1000 RR/レースパッケージに標準装備」と記載されていたことから誤認していました。
      らいらいけん様のおかげでより良いページとなりました。
      他にも間違い等がございましたらご指摘いただければと思っております。
      この度は誠にありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA