ふくちゃんのblog
バイクとキャンプと猫たちと
バイク

2022年モデルのBMW S1000RR(Mパッケージ)を見てきたので、ちょっとだけご紹介

,

いつもお世話になっているBMWモトラッドのディーラーに、2022モデルのS1000RR(Mパッケージ)が展示されていましたので、ちょっとだけご紹介します。

2022モデルのS1000RRのレースパッケージはこちらにまとめていますので、ご覧ください。

また、最後の方にS1000RRの足つき性やインプレッションなどをまとめたブログのリンクを載せておきますので、ご興味のある方は是非どうぞ。

2022年モデルのS1000RR(Mパッケージ)

今回ご紹介するのは、2022年モデルのS1000RR(Mパッケージ)です。

カラーリング

カラーはHPモータースポーツ

Mパッケージはこのカラーだけとなります。

わたしは2020年モデルのS1000RRに乗っていますが、2022年モデルとのカラーリングの違いでわたしが気が付いたのは次の2つです。

  • 燃料キャップ シルバー→黒
  • フロントキャリパー 黒→ブルー

グレード

グレードはMパッケージのDDC付です。

DDC付ですのでフロントフォークとリヤショックに電子デバイスが組み込まれています。

フロントフォーク
リヤショック

Mパッケージのホイールは前後ともカーボンホイールが標準装備となっています。

シートはMパッケージ専用のMシートとなっています。

2020年モデルのMパッケージと2022年モデルのMパッケージの違い

Mパッケージの2020年モデルと2022年モデルの違いで気が付いたのは次の3つです。

2022年モデルはチェーンがMエンデュランスチェーンになっています。

フロントブレーキが黒からブルーに。

燃料キャップがシルバーから黒色に変更されています。

2022年モデルのMパッケージとレースパッケージの違い

レースパッケージとMパッケージの違いは、

  • ホイール(レースパッケージはアルミの鋳造(?)ホイールが標準装備)
  • マフラー(レースパッケージはアクラポビッチのマフラーが標準装備)
  • シート(レースパッケージはノーマルシートが標準装備)
  • ライディングモード(MパッケージはライディングモードProが標準装備)
  • カラーリング

です。

2022年モデルのレースパッケージのカラーリングで本体色以外の違いでわたしが気が付いたのは次の2つです。

フロントブレーキキャリパーがMパッケージは青色。レースパッケージは黒色。

Mパッケージ
レースパッケージ

燃料キャップがMパッケージは青色。レースパッケージはシルバー。

Mパッケージ
レースパッケージ

まとめ

と、言うことで2022年モデルのS1000RR(Mパッケージ)のご紹介でした。

わたしは2020年モデルのS1000RR(Mパッケージ)を所有していて、足つき性やインプレションをブログにまとめていますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

新型のS1000RRが発表されたのが2019年だったと思いますので、はや3年。

3年たっているにもかかわらず、ツーリング先で見かけることは滅多にありません。

リッターSSの中で人と被らないバイクを探している方、いかがでしょうか?

ちょっとお高いですが・・・。

と、お高いバイクの話題が出たところでちょっと話が横道にそれますが・・・。

警察庁の発表によると、2020年の1年間でバイクの盗難は全国で9,018件。検挙率はたったの16.5%しかありません。

ちなみに2018年の盗難件数は20,184件でしたので、それに比べれば減ってはきていますが、これは新型コロナウイスの蔓延が影響しているようです。

近年のバイクブームを考えると、今後も盗難件数が減っていくとは、少し考えにくいのではないでしょうか。

つまり、バイクの盗難は思いのほか身近にあると考えていいのではないでしょうか。

そのように考えると、バイクの盗難に遭ってしまった後のことも考えておいた方が良いのかもしれませんね。

,

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA