ふくちゃんのblog
バイクとキャンプと猫たちと
バイク

レビュー すごいぞSCOTTのペーパータオル ヘビーデューティー ~バイクのチェーンの掃除に最適~

, ,

バイクや車をメンテするときに使っているペーパータオルが無くなったので近くのホームセンターに買いに行きました。

いつも使っているペーパータオルはスコットのプロショップタオル ブルーロール(オリジナル)です。

Amazonより

近所のホームセンターに行けば必ず売ってあるし、何といっても300円弱という価格が非常に魅力です。

キッチンペーパーでは薄すぎて使えないけど布のウエスを出すほどでもないな、といった場合にこのペーパータオルは非常に便利で、ランニングコストを気にせず使うことが出来ます。

ホームセンターではこの1種類しかなかったはずなですが、今回はこのほかに2種類、 ライトデューティヘビーデューティーが新たに置かれていました。

ヘビーデューティーは吸水、強度共に優れた万能タイプで布のウェスや雑巾の代用になり、含んだ水を絞って使うこともできます。

ライトデューティーはブルーロールとヘビーデューティーの間といったところです。

今回は思うところがあって、いつものブルーロールと併せてヘビーデューティーを買うことにしました。

バイクのチェーンに使ってみる

思うところというのが、バイクのチェーンを拭き上げるときに使えないか?ということです。

わたしがバイクのチェーンを掃除するときは、ワコーズのCHA-C チェーンクリーナーで汚れを浮かしウエスでいったんふき取り。その後KUREのチェーンクリーナーで残った汚れを洗い流してウエスでふき取り、といった工程を踏んでいます。

詳しくは、こちらのブログに書いていますのでお時間があるときにでも読んでいただけたら嬉しいです。

この時に使っているウエスがスコットのショップタオル ブルーロールなのですが、唯一の弱点が強度が弱めという点でした。

チェーンのように角張っている物に使うと、すぐに毛羽立ちそして破れてしまうのです。そのため、チェーンを掃除するためにそれなりの量のペーパータオルを必要とします。

そこで今回目を付けたのがブルーロールより強度が優れているヘビーデューティーというわけです。

すごいぞ!ヘビーデューティー

ブルーロールとヘビーデューティーの見た目の違いですが、

向かって左側がヘビーデューティー。右側がブルーロールとなります。

ヘビーデューティーはエンボス加工がされており、厚みもブルーロールと比べると厚くなっています。

では、チェーンを拭いてみたいと思います。

ワコーズのCHA-C チェーンクリーナーで汚れを浮かせた後にヘビーデューティーでふき取ったものです。

拡大してみると。

どうでしょう、もちろん汚れは付いてますが、破れはありません。わずかにけば立っているだけでしょうか。

この時、チェーンの表面に汚れはほぼついていない状態です。

そしてチェーンの内側に残っている汚れを流すためにKUREのチェーンクリーナーを使います。

使い終わった後にブルーロールで拭き上げると。

拡大してみます。ボロボロになっているのがお分かりいただけると思います。

これでも、ヘビーデューティーで拭き上げたときより優しく、しかも短い時間でしか使っていません。

もし、ヘビーデューティーを使わずにブルーロールだけを使って作業をしたのなら、ブルーロールはおそらくヘビーデューティーの3倍の量を必要としたと思われます。

結論としてはヘビーデューティーの強度はブルーロールのはるか上を行く、ということです。

終わりに

実はヘビーデューティー。ブルーロールの2倍ほど価格差があります。

しかし、使用する量はブルーロールの3分の1以下で済むように思えます。

それは、今回はブルーロールと比べることが目的だったので、いつもブルーロールを使っているときのように破れにくくするため2枚を重ねて使いましたが、ヘビーデューティーがこれだけ強度があるのであれば、1枚で十分だと思えるからです。

このことから行くと、チェーンのように角張っている物に使用するなどペーパータオルに強度が求められるものにはヘビーデューティー。チェーンオイルの拭き上げなどの強度が必要でない物には価格の安いブルーロールと、うまく使い分けるといいかもしれませんね。

それでは、みなさんの参考になれば嬉しいです。

, ,

created by Rinker
スコット
¥931 (2022/11/29 04:02:17時点 Amazon調べ-詳細)

Amazing SCOTT paper towel heavy duty

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA