ふくちゃんのblog
バイクとキャンプと猫たちと
バイク

BMWのR1250GS(A) 純正のエンジンガードはシリンダーヘッドカバーの傷を防げる?

, ,

今年に入って買ってしまったBMWのR1250GS。

その時、純正オプションで購入しするか悩んだのがエンジンガードでした。

R1250GSA(アドベンチャー)には標準でエンジンガードが取り付けられているのですが、R1250GS(いわゆる無印)には取り付けられていません。

わたしがエンジンガードを取り付ける目的は、バイクを転倒させてしまった時にシリンダーヘッドカバーに傷をつけてしまうのを防ぐためです。

では、純正のエンジンガードが転倒や立ちごけでシリンダーヘッドカバーに傷が付くのを防げるのか、検証してみたいと思います。

R1250GSAの純正エンジンガード

まずは、R1250GSA(2021モデル)のエンジンガードをご覧ください。

右側
左側

サイドスタンドのみで撮影したため車両は真っすぐに立っていません。その点はご了承ください。

ちょっとわかりにくいと思いますが、特に右側のシリンダーヘッドカバーはエンジンガードから少しはみ出しているように見えませんか?

左側はエンジンガードの内側に何となく収まっているように見えますが・・・。

ちなみにBMWの水平対向エンジンのシリンダーは、左右対称ではありません。

R1250GS(A)を含めたRシリーズのシリンダーは、右側が少し後方にオフセットしています。

純正のエンジンガードを取り付ける最大の目的が、シリンダーヘッドカバーの傷を防ぐためなのであれば、エンジンガードからシリンダーヘッドカバーがはみ出しているようでは用をなさないでしょう。

また、純正のエンジンガードの取り付け部はシリンダーに直付けされるところがあります。

もし、転倒などでエンジンガードに大きな力が加わった場合、エンジンガードからシリンダーに力が伝わり、シリンダーを損傷させてしまうかもしれません。そうなった場合、シリンダーの交換となり、多額の費用が発生する可能性が出てきてしまいます。

傷を防ぐのなら

シリンダーヘッドカバーへ傷が付くのを防ぐのが目的であるのなら、シリンダーヘッドカバーガードがいいのかもしれません。

純正のシリンダーヘッドカバーガードです。

BMWモトラッドより

ただ、純正のシリンダーヘッドカバーガードはシリンダーヘッドカバーの上方のガード面積が少ないため、大きく転倒させてしまった場合、その部分に傷が付いてしまう可能性があります。

事実、以前乗っていたR1200Rではありますが、このバイクを転倒させてしまった時シリンダーヘッドカバーガードを取り付けていたにもかかわらず、シリンダーヘッドカバーの上部に傷が付いてしまいました。

純正のシリンダーヘッドカバーガードより広い部分を守りたいのであれば、ツラーテックテックのシリンダーヘッドカバーがいいかもしれません。

ツラーテックジャパンより

最後に

シリンダーヘッドカバーを損傷させて交換した場合、工賃込みで約50,000円(片側のみ)ほど費用がかかります。

純正のシリンダーヘッドカバーガードは取り付け工賃込みで40,810円

ツアラテックのシリンダーヘッドカバーは商品代だけで29,700円

シリンダーヘッドカバーを取り換えるくらいなら純正にしろツアラテックにしろガードを取り付けた方が安く済みそう、と思いますが、ガードに傷をつけてしまった後に傷が付いてしまったガードが気になり、結局ガードを交換してしまうと費用はさほど変わらなくなってしまいますね。

で、わたしの場合、結局ガードを付けずノーガードのまま乗っています。

ガードに傷が付いたらおそらく気になって最終的にガードを交換してしまうと思うので^^;

ちなみに、純正のエンジンガードも取り付けませんでした。

というか、取り付けることが出来ませんでした。

なぜなら、なぜか2021年モデルになってエンジンガードがカタログから落ちてしまったからです^^;

では、皆さんの参考になれば嬉しいです。

, ,

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA