ふくちゃんのblog
バイクとキャンプと猫たちと
バイク

BMWのS1000RRにスマホとインカムを接続する方法を解説 ~R1250GSも同じです~

,

BMWのS1000RRは、Bluetoothでスマホとインカムを接続(ペアリング)することが出来ます。

接続するとどのようなことが出来るかと言うと、R1250GSと同じく、音楽を再生したり電話を使うことが出来るようになります。

今回は、S1000RRにスマホとインカムを接続する方法を解説したいと思います。

ちなみに、R1250GSも接続方法は全く同じです。

また、BMWのS1000XRやF900XR、S1000RやS1250Rも同じ方法だと思いますので、参考にしていただければ幸いです。

スマホを接続する方法

では、S1000RRとスマホ、今回はiPhoneを繋いでみましょう

Androidのスマホでも、基本的には同じです。

まずは、設定画面を選択します。

次に、”接続”を選択します。

つづけて、”携帯機器”を選択します。

新しい携帯機器のペアリング”を選択します。

次はiPhoneの設定から”Bluetooth”を選択し、ペアリングの待機モードにしておきます。

携帯機器の検索が始まり

しばらく待つと”携帯機器のコードと一致しているか?”と聞かれるので

iPhoneに表示されているコードを確認し、一致していれば”実行”を選択します。

すると、S1000RRとiPhoneがペアリングされます。

インカムを接続する方法

次は、S1000RRとインカム、今回はSENAのSF2をつないでみましょう。

スマホと同じく、”設定”から”接続”を選択し、今度は”ライダー”を選択します。

新しいペアリング(ライダー)”を選択したら

S1000RRがヘルメット(インカム)を探し始めるので、インカムのBluetoothを接続(ペアリング)モードにします。

SENAのSF2(おそらく、SF1とSF4も同じ)の場合、センターボタンを10秒ほど押し続けると””と流れますので、メッセージが流れたらセンターボタンから指を離し、次に+ボタンかーボタンを””と流れるまで数回押してください。

そうするとペアリングモードに入ります。

しばらく待つとインカムとペアリングされます。

スマホとインカムがペアリングされると、設定の画面にはこのように表示されます。

最後に

いかがだったでしょうか?

作業としては10分程度でしょうか。

まだバイクと接続をされていないようでしたら、ぜひ試してみてください。

ずいぶん便利になりますので。

また、こちらのブログでわたしが使っているインカム SENAのSF2を選んだ理由などを書いていますので、お時間があるときにでも読んでいただけたら嬉しいです。

では、みなさんの参考になれば嬉しいです。

,

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA