ふくちゃんのblog
バイクとキャンプと猫たちと
キャンプ

キャンプ飯? スキレットで作るホルモンの鉄板焼き ~本当は炭火で焼きたいのだけど・・・~

,

相変わらずキャンプに行くことが出来ず、モヤモヤしながら日々生活をしています。

まぁ、いろいろ考えてもしょうがないので、家の中で出来ることで楽しみたいと思います。

と、言うことで、今回は家の中でホルモンの鉄板焼きを作って、プチキャンプ飯気分を味わいたいと思います。

本当は、炭で焼きたいところですが、家の中で炭を使うと、煙と油で家の中がとんでもないことになってしまいますので、鉄板焼きにしてみました。

スキレットで作るホルモンの鉄板焼きの材料と作り方

スキレットで作るホルモンの鉄板焼きの材料

  • ホルモン 一人分で200~300g
  • もやし

材料は清々しくホルモンともやしだけです*^^*

もやしは無くてもOK。むしろ、ホルモンそのものを楽しみたいときにはない方が良いかもしれません。

スキレットで作るホルモンの鉄板焼きの作り方

鉄板をコンロにかけて、煙が出るくらいまで温めます。

今回はニトリのスキレットを使いました。このニトリのスキレット。値段もお手頃ですし、別売で蓋も用意されているのでスキレット初心者の方にもお勧めです。

スキレットが温まったところへおもむろにホルモンを投入します。

そして、蓋をしてしまいます。わたしは。というのが、脂の飛び跳ねがすごいんですよね^^;

しばらくすると水分が出てきてしまいます。

この水分は捨ててしまってください。この時、ニトリのスキレットは蓋があるので、蓋をうまく使って水分を捨てることが出来ます。難しければ、キッチンペーパーなどで水分を吸い取ってあげてもいいですね。

ホルモンに火が通ったところにもやしを投入。

もやしはシャキシャキ感を残したいので、軽く炒め、火が通ったところで味付けをします。

わたしはホルモン焼肉屋さんで買ってきた醤油ベースの甘辛たれで味付けをしました。

ダイショーの味塩コショウでも美味しいでしょうね。また、キャンパーさん御用達?のマキシマムでも美味しそうです。

最後に

と、言うことで、乾杯!*^^*

今回使ったホルモンは、以前ふるさと納税の返礼品として頂いた鹿児島県はいちき串木野市から黒毛和牛のホルモンで、ビールもふるさと納税の返礼品として頂いた北海道は恵庭市からサッポロクラシックです。

鉄板でホルモンを焼くと、どうしても水分と余分な脂が出てきてしまうんですよね。

ですので、本当は炭火で焼くのがベストなのですが、家の中では流石にちょっとですね^^;

炭火で焼くのは次回キャンプに行けたときの楽しみとして取っておきたいと思います。

では、みなさんの参考になれば嬉しいです。

,

https://fukuchannoblog.com/hometown-tax-payment-it-is-a-strong-ally-of-office-workers/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA