ふくちゃんのblog
バイクとキャンプと猫たちと
バイク

AELLAのフレームスライダーを分解してみた その2

,

前回のブログで愛車2号のS1000RR用AELLAのフレームスライダーを分解しましたが、途中で分解に手間取ってしまったので、その続きです。

さて、前回はひん曲がったボルトを後輩のところへ外注に出して切り取ってもらい、無事、スライダーアルミベースを取り外すことができました。

しかし、スライダーアルミベースとスライダーヘッドのねじ込みがきつく、外すのにてこずり、いったん分解中断となっていました。

※ 分解図です

まずはスライダーヘッドの半分を切り取ります。

こんな作業をするときは、傷つけたくない部分は養生しましょうね。

手抜きをすると大抵あとで痛い目にあいます(>_<)

切断にはプラスチック用ののこぎりを使いました。

ただ、万力がないので手持ちです。万力があれば割と簡単に切断できたと思いますが、手持ちだと部材を固定できないのでなかなか大変です。

気合が全てです(T_T)

切断が終われば次は、ルーターでネジが切ってある部分まで削ります。

ネジが切ってあるところまで削った後に緩めれば、スライダーヘッドが変形してねじ込みが甘くなるかな?的な作戦です。

ネジが切ってあるところまでほぼ削れたところで、えいっ!と緩めてみます。

すると

見事に緩みました(*^^*) 作戦成功ですね!

で、ネジの部分を見てみると、ネジのゆるみ止め剤が塗られていました。

こりゃ、なかなか緩みませんな(^^;)

ネジのゆるみ止め剤をなんとかできれば、こんなにバラバラに切り刻む必要な無いと思うのですが・・・。

ネジゆるみ止め剤の効果を下げるためにヒートガンで温めるか、ガスケットリムーバーを使うか、でしょうか?

ヒートガンを使うのなら熱さ対策として万力かバイスプライヤーが必要かな??

ガスケットリムーバーがうまく浸透してくれれば楽なんですが・・・。

ここは次回の課題ですね。

と、いうことで、とりあえず無事分解終了です。

皆さんの参考になれば嬉しいです。

,

そして、AELLAから補修部品が届いたので早速組付けました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA