ふくちゃんのblog
バイクとキャンプと猫たちと
バイク

エンストするんです Africa Twin DCT(CRF1100) ~手放すまで~

以前、わたしは’20モデルのアフリカツイン(CRF1100)に乗っていました。

しかし、購入(新車)から約9か月で手放すことにしました。

手放した理由は、その車両に不具合があったこと。また、その不具合を直してもらえなかったことにあります。

不具合の内容

不具合の内容は、エンストです。DCT(いわゆるオートマ)なのに。

エンストをするタイミングは、低速走行時です。

低速走行時とは、発進直後や停止寸前の、速度でいうと10km/hより遅く、おそらく5km/h以下の速度で、このような速度で走行している時に頻発していたと思います。

通常の走行時にエンストをすることは一切ありませんでした。

エンジンが温まっているときも、冷めているときも関係なくエンストをしていました。

このバイクに乗っていた約9か月で何度エンストしたかわからないくらいエンストをしました。

また、エンストをしなくてもエンジンが停止する寸前までストールしたことを含めると、とても数えることはできないくらいありました。

経緯

Africa Twin DCT(CRF1100)を購入(納車)したのは2020年4月26日。

購入先は福岡県のホンダドリーム。

購入直後からエンストしており、5月11日に1,000㎞点検のためにホンダドリームに入庫させた時、エンストをすることを伝えました。

その時の回答は、しばらく様子を見てほしい。メーカーには同様の不具合情報は上がってきていない。何か情報が入ったら連絡をする。でした。

またその時、オートクルーズに関するエラーがコンピューターに残っていたと伝えられました。

その後もエンストは続きますが、ホンダドリームからの連絡はありません。

連絡があったのは、6か月の点検が近づいたので都合の良い時に来店してほしい、との連絡だけでした。

これは、メンテナンスパックに入っていたためです。

そして11月14日。6か月点検のためホンダドリームに入庫し、その際、いまだにエンストすること、そろそろ直してほしい旨を伝えました。

すると、メーカーに同様な不具合が3件上がっていてる。燃料ポンプとイグニッションコイルを交換しているようなので、とりあえずその2つを交換したいと思う。と伝えられました。

また、この時メカニックが試乗し、エンストは無かったがエンジンストールは確認できたと言われました。

※5月11日に行った1,000㎞点検の時は試乗をしていないようです。

部品が入ってきたら連絡をすると言われ、待つこと約1か月。12月の半ばにホンダドリームから燃料ポンプはバックオーダーがかかっていて、入荷は年が明けてからになると連絡がありました。

その間、連絡は一切なし。

年が明けた2021年1月22日。走行中にエンジンチェックランプが点灯したため、同日にホンダドリームに入庫。

エンジンチェックランプが点灯した原因は、オートクルーズの不具合でした。

点検の結果、チェックランプは消灯できたがエラーコードはコンピューターから消去できない、と伝えられました。

予想ですが、オートクルーズに関連する何らかの部品が壊れているためエラーコードを吐き続け、そのためコードを消去できないのだと思います。

そしてこの時、アフリカツインを手放す決心がつきました。

思うこと

5月11日に点検に出した後から11月14日に6か月点検に出すまで3件のエンストに関する情報がメーカーに上がっているのに、なぜ、わたしに連絡してくれなかったのか。

11月14日に部品を交換すると言いながら、12月半ばまでの約1か月間、部品の入庫が遅くなることを連絡してくれなかったのか。

5月11日に点検に出したときにオートクルーズに関するエラーが出ていたにもかかわらず、11月14日の点検の時になぜ再チェックをしなかったのか。

わたしは不安を抱えたままバイクに乗っていることを伝えているにもかかわらず。早く直してほしいことを伝えているにもかかわらず。

そして思いました。

この店は、わたしの思いをくみ取ってもらえないのだな、と。

だから、わたしからアクションを起こすまで、何もしてくれないのだな、と。

ホンダドリームは、メーカーからの指示が無いと修理はできないと言っていましたが、そうではないでしょ?

症状を確認しているのだから、ホンダドリームが考える修理方法をメーカーに提案するべきではないのですか?

わたしは不安を抱えたままバイクに乗っていたのですよ。

あなた方はホンダの夢を見させてくれるのではないのですか?

あなた方がわたしに見せてくれたのは、悪夢でした。

最後に

わたしがバイクに乗っているのはあくまで趣味です。けっして仕事ではありません。

仕事が休みの時に1人で、あるいはバイク仲間と楽しい時間を過ごすために乗っているのです。

その楽しく過ごす時間に不安や不信感などを持っていたくない、というのがわたしの考えです。

アフリカツインは素晴らしいバイクでした。わたしのような者でも運転がうまくなったかのように錯覚を起こさせてくれるくらい乗りやすく、また、ひとたびアクセルを開けると驚くほどの高揚感を味わえます。

ただ、低速走行時にエンストをしていしまうという事実を除けば。

また、その不具合を直してもらえないという事実を除けば。

バイクに乗っている方ならご存じと思います。

低速走行時がバランスをとることが最も難しことを。

直線はもちろん、Uターンのような小回りをするときはさらに難易度が上がることを。

バイクに乗っている方ならご存じだと思います。

低速で小回りをしているときにバイクがエンストをするとどうなるかを。

わたしはあのバイクに乗っていた時、常にその不安を抱えていたのです。

不安を抱えたままではバイクを心から楽しめません。わたしは。

ですから、アフリカツインを手放しました。

わたしの不安を取り除いてくれないディーラー(メーカー)にも不信感を抱いたため、アフリカツインを手放しました。

なぜなら、アフリカツインを手放すことによって、不安も不信感もなくなるからです。

金銭的にはかなりの損失を出してしまいました。わたしの経済力では。

しかし、気分はすっきりしました。不安も不信感も無くなったのですから。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA