ふくちゃんのblog
バイクとキャンプと猫たちと
キャンプ

キャンプ飯 溶岩石プレートで焼くマックスバリュのワンポンドステーキ(牛肩ロース) ~味付けはシンプルにクレイジーソルトで~

今回ご紹介するキャンプ飯は溶岩石プレートで焼くマックスバリュのワンポンドステーキです。

初心者カッパくん

ワンポンドステーキってなに?

ふくちゃん

マックスバリュで販売しているアメリカ牛の肩ロースのことだよ。

ふくちゃん

1ポンド(約450g)が1,000円前後とかなりお得な牛肉なんだよ。

初心者カッパくん

そのお肉、美味しいの?

ふくちゃん

これが美味しいのよ!赤身でニクニクしさが最高!

ふくちゃん

溶岩石プレートで焼くとさらにうまみが増すよ!

今回の料理はこのようになっています。

料理の難易度 ★☆☆(簡単!初心者OK!)

料理時間 15分

映え度 ★★★(間違いなし!)

ソロキャンパー ★★★

キャンプツーリング ★★★

バックパッカー ★★★

溶岩石プレートで焼くマックスバリュのワンポンドステーキの材料

では、材料です。

  • ワンポンドステーキ 約450g
  • クレイジーソルト
  • ローズマリー

ワンポンドステーキは約450gとしていますが、食べたい分量だけ持って行ってください。

夏場のキャンプであれば、ワンポンドステーキは冷凍して持って行くといいでしょう。

夕方くらいにはちょうどいい具合に解凍されているはずです。

油は牛脂でもサラダ油でも構いません。

わたしはオリーブオイルを持ってい行っています。

キャンプに持って行くオリーブオイルはボスコエキストラバージンオリーブオイル145gフレッシュキープボトルが便利です。

キャップの密閉性が非常に高いので、今まで何度も荷物で押しつぶされていましたが一度も液だれを起こしたことがありません。

溶岩石プレートで焼くマックスバリュのワンポンドステーキを作る道具

次に道具です。

SOTOの溶岩石プレートはレギュレーターストーブST-310専用に設計されていて、1~2人で使うにはちょうどいいサイズです。

溶岩石プレートの代わりに鉄板でも構いませんが、ガスボンベを隠すような大きなものは避けた方が良いでしょう。

鉄板の熱でガスボンベが熱せられ、最悪、ガスボンベが爆発してしまう可能性があります。

溶岩石プレートで焼くマックスバリュのワンポンドステーキの作り方

では、焼いていきましょう。

焼く前にワンポンドステーキは常温に戻しておきましょう。

あまりにも冷たいと、肉の中心に熱が入りづらく、最悪の場合食中毒を引き起こす可能性がありますので注意してください。

溶岩石プレートを強火にかけ、煙が上がるくらいまで5分ほど焼きます。

油を軽く引き、ワンポンドステーキを載せます。

味付けはクレイジーソルトとローズマリーで行います。

クレイジーソルトはちょっと多いかな?くらい振りかけるとちょうどいいと思います。

ローズマリーは瓶入りの物が持ち運びに便利です。

焼き色が付いたらワンポンドステーキをひっくり返し、先ほどと同じようにクレイジーソルトとローズマリーで味をつけます。

もう片面に焼き色が付いたらワンポンドステーキをナイフで小さく切り、側面を焼いていきます。

大体8割くらい焼いたところでバーナーの火を止めてしまいましょう。

溶岩石プレートは冷めにくいので、余熱で十分焼くことが出来ます。

お好みの焼き加減になったら、召し上がれ!

まとめ

いかがだったでしょうか?

上手く焼けましたか?

安い肉でも溶岩石プレートを使って、しかもキャンプで食べれば最高に美味しい食材に変わったと思います。

溶岩石プレートがあれば牛肉だけでなく豚肉も鶏肉、野菜も美味しく焼くことが出来ます。

キャンプ飯に迷った時、わたしは溶岩石プレートを持って行き、途中で美味しそうな素材を買って焼いて食べています。

もしご飯を食べたくなったのなら、こちらを参考にご飯を炊いてみてください。

また、バーナーのSOTO レギュレーターストーブ ST-310はいろいろなオプションが用意されているので、ソロキャンプにはもってこいのストーブです。

では、みなさんの参考になれば嬉しいです。

,

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA