ふくちゃんのblog
バイクとキャンプと猫たちと
バイク

BMW R1250GS(新型 2021)の足つき性 ~短足&チビのふくちゃんが実車でレポート~ 

,

身長160㎝台で短足&チビのふくちゃんが実車を使ってお届けするバイクの足つき性のレポート第2弾。

今回の車両は、先日、ついに購入してしまったBMW R1250GS(新型 2021)です。

BMWのGSシリーズといったら大きくて重くて足つきが悪い、と思われる方が多いと思いますが、確かにその通りです(^^;)

誰がどう見ても大きくて、重さは260㎏弱(別にアドベンチャーというモデルがありますが、そちらは約280㎏!)でどう考えても軽くなく、シート高はわたしが乗っているローダウンモデルで、更にシートを下げた状態でも825㎜なので、決して低いほうではありません。

そんなバイクにわたしがまたがるとどうなるか、ぜひご覧ください。

スペック

まずは、ふくちゃんの基本スペックです。キャッ!恥ずかしい!

  • 身長:162cm
  • 体重:55.1Kg(Tシャツ+パンツのみ) 59.1㎏(写真に写っているウエアーを着た状態 ただしシューズは除く)
  • 股下:71㎝(素足です)74㎝(写真に写っているシューズを履いた状態)
  • 体脂肪:約16%

つづいて、R1250GSの基本スペックです。

  • 車両重量:258㎏
  • シート高:825㎜

写真

では、どうぞ!

正面

横から

後ろ

感想

ちょ~っとわかりにくい写真ですね(^^;)

両足を地面につけると、ツンツンではないけど親指の付け根までは届かないな、って感じです。

お尻をずらして片足だけにすれば、小指の付け根まで届く感じです。

ただし、お尻をずらしやすいシートの形ではないような気がします。

滑りにくいシートだから?シートの角が角ばっているから?ずらしにくい原因はいまいちわかりません。

また、サスペンションが柔らかいので、シートに座り込むように体重をかけるとサスが沈み両足を地面につけた状態でも小指の付け根付近まで届きます。

停車中に少しバランスを崩してしまったときは、シートに体重をかけるようにしてサスを沈ませてあげることによって、多少は立ちごけを回避できそうです。

BMWのGSように水平対向エンジンを載せているバイクでよく言われることですが、重心位置が低いせいかまたがった状態では数字ほどの重さは感じません。(もちろん、バイクから降りて押したり引いたりすると数字ほどの重さは感じますが。)

そのため、片足で支えても地面さへ良ければさほど不安を感じません。

最後に

2021モデルからシートヒーターが装着されたのですが、そのせいか試乗車の2020モデルと比べると足つきが悪くなったような気がします。

また、シートの角が少し角ばっているので運転中に内ももが当たって違和感があること、それにシートの角がもう少し丸くなれば足つき性が良くなるような気がします。

BMWのGSに憧れるけど、あの大きさであの重さで足つきが悪かったら手に負えないのでは?と思われている方の参考になれば幸いです。

GSの話題からちょっとそれますが・・・

警察庁からバイクの盗難件数などが発表されていました。

その資料によると、2020年の1年間でバイクの盗難は全国で9,018件。検挙率はたったの16.5%しかありません。

ちなみに2018年の盗難件数は20,184件でしたので、それに比べれば減ってはきていますが、これは新型コロナウイスの蔓延が影響しているようです。

近年のバイクブームを考えると、今後も盗難件数が減っていくとは、少し考えにくいのではないでしょうか。

つまり、バイクの盗難は思いのほか身近にあると考えていいのではないでしょうか。

そのように考えると、バイクの盗難に遭ってしまった後のことも考えておいた方が良いのかもしれませんね。

,

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA