ふくちゃんのblog
バイクとキャンプと猫たちと
バイク

BMW S1000RR(新型 2019~)の足つき性 ~短足&チビのふくちゃんが実車でレポート~

,

身長160㎝台で短足&チビのふくちゃんが、BMW S1000RR(新型 2019~)の足つき性を実車を使ってお伝えします。

今回の車両はMotorrad Balcom 北九州の試乗車をお借りして撮影しました。

わたしのS1000RRはMパッケージというグレードですが、今回お借りした車両は無印のグレードす。

どちらも電子サス付き車両なので、足つき性に関係ありそうな違いはシートだけだと思います。

また、シートの違いは表面素材の違いだけだと思われ、メーカー公表のシート高に違いはありません。

スペック

まずは、ふくちゃんの基本スペックです。キャッ!恥ずかしい!

  • 身長:162cm
  • 体重:55.1Kg(Tシャツ+パンツのみ) 59.1㎏(写真に写っているウエアーを着た状態 ただしシューズは除く)
  • 股下:71㎝(素足です)74㎝(写真に写っているシューズを履いた状態)
  • 体脂肪:約16%

つづいて、S1000RRの基本スペックです。

  • 車両重量:200㎏(Mパッケージは196.5㎏)
  • シート高:824㎜

※今回燃料はほぼ空っぽでした

写真

正面から

斜め横から

側面

後面

感想

すみません、分かりにくいですね(^^;)

もう少し下からあおって撮ってもらえばよかったですね。

正面の写真が一番わかりやすいかもしれませんが、両足を付けるとつま先がギリギリ接地するくらいです。

片足だけ接地させるようにすると、お尻をずらせば親指の付け根くらいまで届きます。

個人的には、街乗りで使うのであればギリギリ乗れるシート高かな?、って感じですね。

前傾姿勢がもっとキツクなく上体を起こして運転できるのならこれくらいでも問題ないのですが。

ですので、わたしのS1000RRにはローシートに変更しました。

ローシートに変更することでシート高が814㎜と1㎝ほど低くなります。

たった1㎝ですが、気分的にはだいぶ改善された気はしますね(^^;)

とはいえ、通常止まるときは片足で止まるようにしています。その方が親指の付け根くらいまでは足が届くので踏ん張りがききます。

また、Uターンなんかは相当気を使います。これくらいしか足がつかないと、Uターン中にバランスを崩して足を出してもバイクを支えることが出来ないからです。これって、足の長い人にはわからない恐怖感なんですよね~。

ちなみにローシートですが、ノーマルシートとシート表皮やステッチなど見た目は全く同じです。

シート単体で二つを比べてみても、見た目の違いは分からないと思います。

ただ、ノーマルシートに比べローシートは若干クッション性が落ち、シートが固くなっています。

わたしは固いシートの方が好きなのでローシートの硬さは全く気にならないし、1時間に1度程度休憩を取りながらのツーリングであれば、一日乗っていてもお尻が痛くなることはありません。

ロングツーリングでは、シートの硬さからくるお尻の痛さより、前傾姿勢のキツさからくる上半身の痛みの方が問題になると思います。

ちなみにこのS1000RR。わたしくらいの体重だとバイクに乗ってもサスはほぼ沈み込みません

サスのプリロードをいっぱいまで下げてもほぼ沈み込みません!!と、いうか、新車ではプリロードがいっぱいまで抜けた状態で納車されます。

それを知らず納車の時にプリロードを抜いてもらおうと思ったのですが、”いっぱいまで抜けてます!”といわれてしまいました(^^;)

説明書には標準体重が80Kgとなっています。でかいですね!ドイツ人!

ただ、バイクが軽いので、止まるときは轍の中にタイヤを入れる、とか、砂が浮いているところで足をつかない、とか、急ブレーキで止まらないとか、止まる瞬間はリヤブレーキをメインにするとかいろいろ気を遣えばなんてことはありません!

また、まぁまぁな前傾姿勢で運転することになりますので上半身の自由度はあまりありません。

そのため、アップハンドルのバイクと比べバランスはとりにくく、一度バランスを崩すと修正がしにくいので一気に転倒へと向かって行ってしまいます。

そこさえ気を付ければ、間違いなく異次元の世界を味わえます(*^^*)

走り出してしまえばとっても乗りやすいバイクですよ。

最後に

ということで、少数の方しかいないとおもいますが、参考になれば幸いです。

また、S1000RRのインプレッションはこちらのブログに書いていますで、お時間があるときにでも読んでいただけたら嬉しいです。

そして、この手のバイクに取り付けられるスマホホルダーは限られてきますが、わたしが使用しているスマホホルダーはなかな優れものだったので、あわせてご紹介させていただきます。

また、わたしがこのバイクに取り付けたオプションをまとめましたので、ぜひご覧ください。

ここでちょっとS1000RRの話題とはそれてしまいますが・・・

警察庁の発表によると、2020年の1年間でバイクの盗難は全国で9,018件。検挙率はたったの16.5%しかありません。

ちなみに2018年の盗難件数は20,184件でしたので、それに比べれば減ってはきていますが、これは新型コロナウイスの蔓延が影響しているようです。

近年のバイクブームを考えると、今後も盗難件数が減っていくとは、少し考えにくいのではないでしょうか。

つまり、バイクの盗難は思いのほか身近にあると考えていいのではないでしょうか。

そのように考えると、バイクの盗難に遭ってしまった後のことも考えておいた方が良いのかもしれませんね。

,

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA