ふくちゃんのblog
バイクとキャンプと猫たちと
バイク

BMW S1000RR(新型 2019~)のノーマルシートとローシートの比較 ~短足&チビのふくちゃんが実車でレポート~

, ,

身長160㎝台で短足&チビのふくちゃんが、BMW S1000RR(新型 2019~)のノーマルシートとローシートの足つき性を実車を使ってお伝えします。

使用するバイクのグレードはMパッケージのDDC(ダイナミックダンピングコントロール)付です。

サスペンションのプリロードは前後ともいっぱいまで抜いている状態です。

新車の場合、サスペンションのプリロードは前後ともいっぱいまで抜かれた状態で納車されます。

ですので、ディーラーで展示されている新車も、もちろんプリロードは前後ともいっぱいまで抜かれた状態です。

ノーマルシートとローシートの比較

では最初に、ノーマルシートとローシートを比較してみましょう。

左側がノーマルシート、右側がローシートです

座面を見ても裏から見ても、見た目ではノーマルシートとローシートの違いは非常にわかりずらいです。

もちろん、シート表皮も刺繡も全く同じです。

上下に重ねてみましょう。

下がノーマルシート、上がローシートです。

こうして比べてみると、ローシートの方が若干薄く見えますね。

スペック

バイクにまたがる前に、ふくちゃんの基本スペックをお伝えしておきます。キャッ!恥ずかしい!

  • 身長:162cm
  • 体重:59.6㎏(シューズを含めた写真に写っているウエアーを着た状態)
  • 股下:71㎝(素足です)74㎝(写真に写っているシューズを履いた状態)
  • 体脂肪:約16%

つづいて、S1000RRの基本スペックです。

  • 車両重量:196.5㎏(Mパッケージ)
  • ノーマルシート高:824㎜
  • ローシートシート高:814mm
  • 燃料は半分ちょっと(約10L)

またがってみての比較

両足をつけた状態

正面から

ノーマルシート

ローシート

横から

ノーマルシート
ローシート

後ろから

ノーマルシート
ローシート

両足をつけた状態での足元のアップ

横から

ノーマルシート
ローシート

後ろから

ノーマルシート
ローシート

左足の親指の付け根までしっかり地面につけた状態(信号待ち状態)

右足はステップから外し、ダラッと下げている状態です

正面から

ノーマルシート
ローシート

後ろから

ノーマルシート
ローシート

後ろからのアップ

ノーマルシート
ローシート

解説

ノーマルシートとローシートでは1㎝しか差が無いので、写真では違いがあまりないように見えるのではないでしょうか。

しかし実際にまたがってみると、やはりローシートは少し低いなと感じます。

信号待ちの様な停車中は、両足を地面につけてつま先ツンツン状態でいるより、左足の親指付け根までしっかり地面につけている方が安定して止まっていることが出来ます。

ただし、そのような止まり方をすると、右足は全く地面に届きません。

また、足を下すときはステップが邪魔をするので、少し前に足を出すようにしないとステップがふくらはぎに刺さってしまうような形になってしまいます。

終わりに

いかがですか?参考になったでしょうか?

今回、久しぶりにノーマルシートにまたがってみましたが、このバイクに慣れてしまったせいか、ノーマルシートでもいいかな?と思ってしまいました。

しかし、バイクに慣れていない方やSSに乗るような方で、足つきに不安を感じるような方はローシートを取り付けられた方が良いように感じます。

ノーマルシートとローシートでは、実際のところほんの少ししか足つき性は向上しません。

しかし、このほんの少しの向上が安心感を与えてくれることは間違いありません。

ローシートは約40,000円とそれなりの金額ですが、それをケチって転倒させてしまい、ミラーを壊してしまうとミラーだけで50,000円を超えてしまいます。さらに、それに工賃が加算されます。

そう考えると、ローシートに変えておくのは決して間違った選択ではないと思います。

また、万が一転倒させてしまったことを想定し、スライダーを取り付けておくことも良いと思います。

わたしはこのバイクでスリップダウンをしてしまいましたが、スライダーを取り付けていたおかげでカウルは無傷で済みました。

身長が低かったり、わたしの様に足が短いとバイクに乗るものなかなか苦労したりします。

でも、ちょっとした工夫やコツで案外快適に乗れたりもします。

みなさんのバイクライフがより良いものになることを祈っています。

では、みなさんの参考になれば嬉しいです。

, ,

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA