ふくちゃんのblog
バイクとキャンプと猫たちと
バイク

バイクにiPhoneを取り付けるとカメラが壊れる?~他のスマホも注意が必要かも~

,

 2021年9月10日、appleから一つの発表がありました。

※2021年9月15日に日本語での発表がありましたので、リンクはそちらを張っています。

オートバイの高出力エンジンなどの振動を受け続けると iPhone のカメラに影響することがある

発表内容を要約すると次のようになります。

「iPhoneを特定の周波数範囲内の高振幅の振動、特に高出力のオートバイエンジンによって生成される振動に長期間かつ定期的さらすとカメラの光学式手ぶれ補正機構とクローズドループAFが不具合が起き、写真やビデオの画質が低下する恐れがある。」

また、次の様にも発表されています。

「原動機付自転車やスクーターなど、低排気量のバイクや電気エンジンを搭載したバイクに iPhone を取り付けた場合、振動の振幅は比較的小さくなる場合がありますが、iPhone 本体や OIS/AF システムの損傷のリスクを軽減するため、防振マウントの使用をおすすめします。」

この発表内容からすると、バイクにiPhoneを取り付けてツーリングなどを頻繁にする方は、バイクの種類を問わず何らかの振動対策を行った方が良いと言えるでしょう。

そこで今回は振動対策が行えるスマホホルダー用振動対策用パーツを3つほどご紹介したいと思いますので、スマホの振動対策をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

なお、iPhoneに限らずカメラに光学式手ぶれ補正機構を備えた他のスマホも振動対策を行う必要があるかもしれませんので、参考にしてみてください。

振動対策が行えるスマホホルダー

今回ご紹介する振動対策が行えるスマホホルダー用振動対策パーツはこちらの3つです。

いずれもスマホホルダーとスマホの間に入れることで振動を吸収するパーツとなっています。

クアッドロック 衝撃吸収ダンパー モーターサイクル用

衝撃吸収ダンパー モーターサイクル用は、クアッドロックのスマホホルダーに取り付けて使う振動対策パーツです。

この衝撃吸収ダンパー モーターサイクル用は、クアッドロック製の全てのモーターサイクル用マウントに適合します。

モーターサイクルからの高周波振動の最大90%以上を低減、スマートフォンへのダメージを緩和。今まで以上に、安全にマウントします。

クアッドロック より
created by Rinker
クアッドロック(QUAD LOCK)
¥3,300 (2022/12/07 01:49:05時点 Amazon調べ-詳細)

SPコネクト アンチバイブレーションモジュール

アンチバイブレーションモジュールは、SPコネクトのスマホホルダーに取り付けて使う振動対策パーツです。

カラーはブラックとクロームの2種類が用意されています。

素材はSPコネクトのマウントと同様、航空機グレードのアルミ合金が使用されています。

適合するマウントは次の通り。

  • ブラック 適合マウント
     99490モトマウントプロ
     99492モトステムマウント
     99494バークランプマウント
     17077バークランプマウントプロ
     99687クラッチマウント
     17078クラッチマウントプロ
  • クローム 適合マウント
     17806モトマウントプロ クローム
     17705クラッチマウントプロ クローム

SPコネクトでは最新のスマートフォンにはこのアンチバイブレーションモジュールを使用することを推奨しています。

最新のスマートフォン(特にiphon10以降のモデル)を使用する場合は、アンチバイブレーションモジュールの装着を推奨します。

SPコネクト より

デイトナ バイブレーションコントロールデバイス

バイブレーションコントロールデバイスは、スマートフォンホルダー3用とスマートフォンホルダーWIDE用の2種類が用意されています。

スマートフォンホルダー3用
スマートフォンホルダーWIDE用

適合するスマートフォンフォルダーは次の通り。

  • スマートフォンホルダー3用
     17232
     17234
  • スマートフォンホルダーWIDE用
     92601
     92602

まとめ

2021年9月10日、appleから「オートバイの高出力エンジンなどの振動を受け続けると iPhone のカメラに影響することがある」と発表がありました。

これはライダーにとって非常に気になる発表だと言えます。

特に、ツーリングの時にiPhoneをナビ代わりに使っている方には注意をする必要がる発表内容です。

また、最新のスマートフォンもiPhoneと同様、エンジンなどの振動がカメラに悪影響を与える可能性が全く無いとは言い切れないでしょう。

今回ご紹介した振動対策パーツはどれも4,000円程度で購入することが可能です。

もし、バイクの振動でiPhoneやスマホが壊れたら、修理費用が4,000円程度で収まるとは到底思えません。

もちろん、今回ご紹介した振動対策パーツを使えば振動による故障を全て防いでくれるとも言い切ることは出来ません。

しかし、対策を全くせずにiPhoneやスマホが壊れたときより、何らかの対策をしたにもかかわらず壊れてしまったのであれば、多少はあきらめがつくのではないでしょうか?

「転ばぬ先の杖」といったことわざがありますが、今回ご紹介した振動対策パーツは、このことわざがぴったり当てはまる製品ではないでしょうか。

では、みなさんの参考になれば嬉しいです。

,

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA