ふくちゃんのblog
バイクとキャンプと猫たちと
バイク

バイクのマフラーが盗まれた!バイクの保険や盗難保険で補償してもらえるの?~その答えと対策方法をお伝えします~

,

運悪く、バイクのマフラーが盗難にあってしまいました。

バイク保険(任意保険)に入っていますが、その保険でマフラーを補償してもらえるでしょうか?

答えはNOです。

では、どうすればマフラーを保証してもらえるでしょうか。

その答えの一つは「盗難保険」に加入することです。

盗難保険は国内バイクの4メーカ―やバイク販売大手のレッドバロン、そして民間の保険会社で用意されています。

しかし、その全ての盗難保険でマフラーのみの盗難を保証してはくれないのです。

では、どこの盗難保険であればマフラーなどのパーツのみの盗難を保証してくれるのか

そしてその中からどこの盗難保険が一番お勧めなのか

この後詳しく解説したいと思います。

バイク保険ではマフラーなどのパーツのみの盗難は保証されません

バイク保険(任意保険)でマフラーなどのパーツのみの盗難は保証されるでしょうか?

その答えはNOです。

多くのバイク保険は特約で車両保険を付けることが出来ます。

しかしその車両保険は、自動車であれば多くの場合で車両の盗難やカーナビ、タイヤ・ホイールなどのパーツの盗難を保証してくれますが、バイクの場合は車両やマフラーなどのパーツの盗難は保証されません。

では、バイクの場合、車両の盗難やマフラーなどのパーツの盗難にどう備えればいいのか。

その答えは「盗難保険」に加入することです。

バイクの盗難保険はどこが出している?

バイクの盗難やマフラーなどのパーツの盗難に備えるには「盗難保険」に加入する必要があると説明しましたが、ではどのようなところが「盗難保険」を出しているかというと、次のようになります。

  • Honda Dream 盗難補償(ホンダ)
  • KAZE盗難補償(カワサキ)
  • Club YAMAHA MOTORCYCLE(ヤマハ)
  • SUZUKI WORLD盗難保険(スズキ)
  • ハーレー車両・盗難保険
  • BMW Motorrad盗難補償
  • レッドバロン盗難保険
  • ZuttoRideClub
  • SBI みんなのバイク保険

ご覧の通り、国内バイクメーカー4社と外国メーカー2社、バイク販売店大手のレッドバロン、それと民間保険会社の2社が「盗難保険」を用意しています。

しかし、この盗難保険全てでマフラーなどのパーツのみの盗難には対応していないのです。

パーツのみの盗難にも対応しているお勧めの盗難保険

では、マフラーやショックなどのパーツのみの盗難にも対応した盗難保険のなかでどれがお勧めか。

それは総合的に見てバイク盗難保険『ZuttoRide Club』です。

その理由を次で説明したいと思います。

ZuttoRideClubがお勧めな理由

バイク盗難保険『ZuttoRide Club』お勧めする理由は次の通りです。

  • バイクのマフラーやショックなどのパーツの盗難が補償される
  • 幅広い車種と年齢で加入しやすい
  • バイクメーカーの盗難保険をOEMで提供

パーツのみの盗難でも補償される

パーツのみの盗難でも保証してくれる盗難保険は次の通りです。

  • Honda Dream 盗難補償(ホンダ)
  • Club YAMAHA MOTORCYCLE(ヤマハ)
  • SUZUKI WORLD盗難保険(スズキ)
  • ZuttoRideClub

パーツのみの盗難が保障されないカワサキハーレーBMW Motorradレッドバロン盗難保険SBI みんなのバイク保険この時点でお勧め出来なくなってしまいます。

多くの車両で加入しやすい

パーツのみの盗難を保証してもらえない、カワサキ、ハーレー、BMW Motorrad、レッドバロン、SBI みんなのバイク保険除くと、残る保険は

  • Honda Dream 盗難補償(ホンダ)
  • Club YAMAHA MOTORCYCLE(ヤマハ)
  • SUZUKI WORLD盗難保険(スズキ)
  • ZuttoRideClub

このようになります。

では、これらの盗難保険の加入条件を見て見ましょう。

Honda Dream 盗難補償
ホンダのバイクのみ
Honda Dreamで購入した車両のみ
新車・中古車問わず
Club YAMAHA MOTORCYCLE
ヤマハのバイクのみ
新車・中古車問わず
SUZUKI WORLD盗難保険
スズキのバイクのみ
新車・中古車問わず
ZuttoRideClub
メーカー、購入先、新車・中古車問わず

※ CBX400F(NC07:1型2型) ・CBX400カスタム(NC11)・CBX550F(PC04)・CBR400F(NC17) は加入できません

このようにホンダ、ヤマハ、スズキの盗難保険は、自社のバイクだけが加入できる盗難保険となっているのです。

つまり、多くの車両で加入できるのがZuttoRideClubとなり、多くの方にお勧めしやすい盗難保険となるのです。

国内4大メーカーと海外メーカーに対し盗難保険のOEM商品を提供している

ZuttoRideClubは、実はこのようにバイクメーカーに盗難保険をOEMで提供しているのです。

ZuttoRideClub より

バイクメーカーの盗難保険の大本はバイク盗難保険『ZuttoRide Club』だということです。

言い換えれば、バイクメーカーの盗難保険とZuttoRideClubで迷った時はZuttoRideClubに加入しておけば大きな間違いを犯さない、とも言えるのではないでしょうか。

まとめ

バイクの保険(任意保険)ではバイクのマフラーやショックののみ盗難を保証してもらえません。

バイクのマフラーやショックのみの盗難を保証してくれるのは一部の盗難保険です。

その一部の盗難保険の中で最もお勧めするのはバイク盗難保険『ZuttoRide Club』です。

理由は次の通り。

  • バイクのマフラーやショックなどのパーツのにの盗難でも補償される
  • 幅広い車種で加入しやすい
  • バイクメーカーの盗難保険をOEMで提供

盗難はいつ起こるかわかりません。

いつの時も起こった後になってやっておけばよかったと思うのが、保険への加入です。

もしバイク盗難保険『ZuttoRide Club』が気になったのであれば見積をしてみることをお勧めします。

見積だけならスマホで1分で終わります。ご自身のバイクの年会費がいくらになるか、確認してみてはいかがでしょうか?

↓↓↓お見積もりはこちらから↓↓↓

また、バイクの盗難保険が必要な人ってどんな人?といったことについてまとめていますので、ご興味のある方は是非どうぞ。

では、みなさんの参考になれば嬉しいです。

,

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA