ふくちゃんのblog
バイクとキャンプと猫たちと
バイク

(初心者向け) キャンプで使うマットはどんなマットがいいの?

, , ,

初心者の方向けの記事です

初めてツーリングキャンプ(もちろん普通のキャンプでも可)でマットを買うとき、どんなものを買ったらよいか、その参考になればと思っています。

目次

結論

お金に余裕があるなら最初からインフレータブル!

具体的には、サーマレストのラグジュアリーマップ!

ラグジュアリーマップ

春、夏、秋の3シーズン限定なら銀マット。

具体的にはZライトソルトかリッジレスト ソーライト!

Zライトソルト
リッジレスト ソーライト

理由

マットを使う大きな理由は、寝たときに体が痛くないように、と、地面からの冷気をシャットアウトする、の2つです。

体の痛さは、地面が芝生や土のような柔らかいところだと、シュラフに入ればまぁまぁまぁ何とか我慢して寝ることができます。

しかし、地面からの冷気はどうしようもなく、いくらシュラフの中に入っていても地面と接している部分が冷たくなってしまいます。

個人的には、寒くてシュラフの買い替えを検討しているのであれば、一度マットを見直してみてもいいと思っています。実際、自分はマットの買い替えでかなりの幸せを手に入れました。

ちなみに現在私は、サーマレストのラグジュアリーマップ(旧タイプですが)を1年を通して使用しています。

先日(1月の半ば)に山口県の山の中のキャンプ場に行き、朝にはタープについていた雨粒が凍るような気温の中で泊まりましたが、地面からの冷気は全く感じませんでした。

また、インフレータブルだとパンクして使えなくなることを懸念される方もいらっしゃると思いますが、私が使っているラグジュアリーマップはすでに5年以上使い倒していますが、一度もパンクをしたことがなく、まったくもって使えています。

通常の使い方をしている限り、あまり気にする必要はないのかもしれませんね。

以前はサーマレストのリッジレスト ソーライトを使用していましたが、冬は地面からの冷気で寝られないことが多かったので、現在は使用しなくなりました。

Zライトソルトとリッジレスト ソーライトでどちらを選ぶか迷った場合は、収納方法が折り畳みか丸めるかで好きなほうを選べばよいと思います。

また、どちらとも片面にアルミが蒸着されているので、寒いときは蒸着面を、暑いときは蒸着されていない面を体と接する方に向けると幸せになります。

ツーリングキャンプで持っていく荷物は、基本コンパクトな物のほうがいいと思ってはいますが、こと、マットに関しては少しくらいなら大きくても問題ないと考えています。

というのも、ほとんどの場合マットはバイクのリヤシートかリヤキャリア、もしくはシートバックの上に括り付けられるので、サイズ的な縛りがあまりないからです。

と、いうことで、金銭的に余裕があり、今後も長くツーリングキャンプを続けていくのであればサーマレストのラグジュアリーマップをお勧めします!

以上、参考になれば嬉しいです。

, , ,

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA