ふくちゃんのblog
バイクとキャンプと猫たちと
バイク

左下がりの道路に止めたバイクを少し楽に起こす方法 ~R1250GSの小技~

,

足つき性があまりよくなく、しかも車重もそれなりにあるR1250GS。

わたしの様に背が低くて足の短い者が左下がりの道路にバイクを停めてしまった場合、いざ出発しようとバイクを起こそうとしてもなかなか起きずに大変苦労をします。

空荷の時でも重たいバイクなのに、キャンプツーリングの途中で荷物が満載の時は停車場所にいつも悩ませられます。

しかし、左下がりの場所にどうしても停車しなくてはならない場合が出てきます。

そのようなときにR1250GSに備え付けられている機能を使うと少しは簡単にバイクを起こすことが出来るようになります。

今回は、その方法をお伝えしたいと思います。

プリロードの調整

2017年後期以降のR1250GSはスプリングのプリロードをMin、Auto、Maxの3段階に調整することが出来ます。

通常はスプリングのプリロードとダンピングが自動調整されるAutoを選択していると思います。

これをMinにするとプリロード最小となり、そのおかげで車高が下がります。

逆にMaxにするとプリロードが最大となり、車高は上がります。

どれくらい変化するかはこちらのブログに記載していますので、ご興味のある方はご覧ください。

感の良い方はここで既にお気づきだと思います。

そうです、左下がりの道路に停車してしまった場合はスプリングのプリロードをMinにしてしまうのです。

スプリングのプリロードをMinにすると車高が下がります。

その状態でサイドスタンドを使ってバイクを停車させると、いつもよりバイクは立った状態(垂直に近い状態)で停車することになるのです。

いつもよりバイクが立っているので起こすのも楽になる、ということです。

Minにしても車高が下がるのはわずかに1~2㎝程度です。

バイクの傾き具合を写真に撮ってみましたが、違いはほとんど分からないのではないでしょうか。

Auto
Min

プリロードをMinにした後にバイクにまたがれば、もう少しバイクは垂直に近づきます。

しかし、この1~2㎝が非常に効くので、バイクを起こすときに苦労されたことのある方はぜひ試してみてください。

もちろん、プリロードをMinにするのはバイクを停車させるときでもいいですし、バイクを起こそうとして起きなかったときでも構いません。

ただしいづれにせよ、エンジンがかかっているときでしかスプリングのプリロードを調整することが出来ませんのでご注意ください。

ハンドルの向き

スプリングのプリロードを調整する、しないにかかわらず、ハンドルは右にいっぱいに切っておく方がバイクは起こしやすくなります。

こちらの写真をご覧ください。

ハンドルを右にいっぱいに切った状態。

ハンドルを左にいっぱいに切った状態。

お判りでしょうか。

わずかではありますが、ハンドルを右にいっぱいに切った状態ではバイクは左に、ハンドルを左にいっぱいに切った状態ではバイクは右に傾いています。

片手で支えていることから分かります通り、右もしくは左に傾いた状態でバイクは安定しています。

ハンドルを右にいっぱいに切った状態でバイクを起こすと、少し左に傾いた状態で安定します。

つまり、起こす角度が少なくてすむのです。

ですので、バイクを少し楽に起こすことが出来るというわけです。

もちろん、これはバイクにまたがった状態で起こすときに限らず、バイクから下りた状態でバイクを起こすときにも使えるテクニックです。

重たいバイクを起こすときにバイク屋さんはこのテクニックを多用していますね。

それでもダメなら

まず使うことは無いと思いますが、どうしても起こせなくなったときの最終手段です。

最終手段は、サイドスタンドの下に何かを敷く、です。

適当な厚さの木の板があれば一番良いのですが、必要なときにそのような物はまず見つけることは出来ないでしょう。

ですので、薄い石でも構いませんし、雑誌でもいいかもしれません。

適当な厚さの何かをサイドスタンドの下に敷いてバイクを少しでも垂直に近づけてあげることです。

最後に

いかがだったでしょうか。

身長が高い方にとってはなんてことはないバイク引き起こしですが、わたしの様に身長の低い方にとっては左下がりの道路に停車してしまうとなかなか難儀をしてしまいます。

しかし、R1250GSはボタン一つでスプリングのプリロードを調整することが出来ます。

その機能を上手く使うことによって、身体的なハンディーキャップを多少はカバーできるのではないでしょうか。

また、サイドスタンドにサイドスタンドエクステンションを取り付けておけばノーマルと比べ常に垂直に近づけることが出来、バイクを起こすのが多少は楽になるはずです。

そのような工夫を施しておくことも良いかもしれませんね。

では、みなさんの参考になれば嬉しいです。

,

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA