ふくちゃんのblog
バイクとキャンプと猫たちと
バイク

(初心者向け) 最初に買うテントの選び方

, , ,

初めてテントを買うことを検討している方向けの記事です。

キャンプツーリング(バイクでツーリングをしながらキャンプをすること)で使用することを前提に書いています。

目次

結論

モンベルのムーンライト1型か2型

ムーンライト1型
ムーンライト2型

か、

DUNROP(HCSが取り扱い)のVS-10かVS-20

VS-10
VS-20

を買っておけば間違いなし!(お高いですが(T_T) )

ただし、天気の穏やかな日限定で、しかも毎回1泊、多くても2泊しかしない、というのであれば、1~2人用でバイクに積める程度に小さくたためれば、正直、どれでもいいです(^^;)

理由

テントを使う理由は、雨風を防ぐ、プライバシーの確保、あとは、冬場はテントの中のほうが少し暖かい、と、思っています。

天候の穏やかな日限定でキャンプをするのであれば、テントを使用する目的は雨風を防ぐ必要がないのでプライバシーの確保だけになります。

ですので、テントに雨風を防ぐ防水性や耐久性を求める必要はなくなり、プライバシーが確保されるようなテントであれば、バイクに積める程度に小さくたためれば何でも良い、との結論になります。

で、問題になるのがそれ以上の日程でツーリングキャンプを予定している場合です。

ツーリング中、毎日穏やかな天気であれば問題ないのですが、雨が降ったり風が強かったりすると、それに耐えられるだけのテントが必要になってきます。

一番困るのが、夜中、寝ている最中の突然の大雨、突然の突風です。天気予報が外れて。

想像してみてください。

夜中、寝ている最中に突然の大雨。当然テントの周りは水浸し。気が付けば、テントの縫い目から水が浸入。そして、テントの中も水浸し・・・。

夜中、寝ている最中に突然の突風。テントのポールは折れ、ペッシャンこに。さらに縫い目から裂けてテントはバラバラに・・・。

しかも、これが冬だとすると・・・(T_T)

大学生の時、ツーリングキャンプ中に何度も大雨に見舞われテントの床は触れば水でタプタプしたこともありましたが、水の侵入は一切なく無事やり過ごすことができていました。

また、北海道をツーリングキャンプしているときは台風の勢力が弱くなった低気圧が通過し、木が折れるような強風に見舞われましたが、テントはポールもおれず生地も破けず、無事やり過ごすことができました。

このとき使っていたのがDUNROPのテントでした。今は廃番となっていましたが、モンベルのムーンライト1型に似た一人用のテントでした。

当時よく一緒にツーリングキャンプに行っていた友人はモンベルのムーンライト1型を使っていましたが、こちらも同じく全く問題なくやり過ごすことができていました。

ですので、DUNROPとモンベルのテントには絶対的な安心感を持っているのです。

ちなみに、今、私が使用しているのはDUNROPのVS-20です。

それに、DUNROPもモンベルも修理をしてもらえるので、テント生地が劣化でダメになるまで使える、ということも、私が選んだ理由の一つです。

ほかにも素晴らしいテントがあると思いますが、これから末永くツーリングキャンプをしていこうと考えている方は、入手しやすさ、価格、耐久性などを考えると、初めて買うテントとしてはベストな選択だと思っています。

以上、参考になれば嬉しいです。

, , ,

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA