ふくちゃんのblog
バイクとキャンプと猫たちと
バイク

サードインプレッション BMW R1250GS 2021モデル ~1,000㎞ほど走って思うこと~

,

’21の3月に購入したBMWのR1250GS(2021年モデル)。

※アドベンチャー(ADV)ではなく無印のGSです。

3か月ほどかかってしまいましたが、やっと1,000㎞走りましたので、おそらく最後のインプレッションになると思いますが、お伝えしたいと思います。

ファーストインプレッションとセカンドインプレッションは次のブログで書いていますので、あわせてご覧ください。

ファースト、セカンドインプレッションでポジティブに感じたところ

ファーストインプレッションで良いと思ったエンジン、クラッチ、ブレーキ、ノーズダイブの少なさ、USBポート、スクリーンについては、やっぱりいいですね。

R1200シリーズ(LC)のエンジン1200シリーズ(LC)のエンジンとは比べ物にならないくらい低速トルクが良くなっています。

R1250シリーズのエンジンに慣れてしまうと、R1200シリーズ(LC)のエンジンはちょっと・・・、と思ってしまうくらい良くなっています。R1200シリーズ(LC)のオーナーの方は、ぜひ店頭で試乗して違いを感じてもらいたいポイントですね。

また、セカンドインプレッションで良いと感じたトラクションコントロールと重量変化によるサスペンションの変化が少なさは、これもやっぱりいいですね。

特にトラクションコントロールは優秀ですね。

先日、ちょこっとツーリングでわざと道が荒れていて、狭くて曲がりくねったところに行ってきたのですが、枯れ葉や砂が浮いた地面でもトラクションコントロールがうまく作動し、アクセルをラフに開けてもテールが大きくスライドすることが無かったのは素晴らしいところです。

セカンドインプレッションで発見したネガティブポイント

セカンドインプレッションで

  • 低速での安定性の低さ
  • リヤショックのフワフワ感

この2つがネガティブに感じると書いていました。

低速での安定性の低さは、低速での旋回性能の良さとの引き換えになるのかな?と思いました。

と、言いますのが、狭くて曲がりくねった道でもバイクの重さが250㎏を超えているとは思えないような低速での旋回性能の良さを感じたからです。

同じ道を重さが200㎏を切っているSSのS1000RRで走ったなら、ちょっとこの道は面倒くさいな、と思ってしまうようなとこでも、R1250GSだと一瞬ためらいはしますが、いざ走ってみると何のことは無く、楽々走れてしまいます。

ですので、この低速での旋回性能の良さと低速での安定性の低さはトレードオフの関係なのではないでしょうか。

そして、リヤショックのフワフワ感ですが、これはDynamic ESA(電子調整式サスペンション)をRoadからDynamicに変更することでかなり軽減されました。

Dynamicにすることで足回りは硬く(しっかり)はなりますが、RoadとDynamicを乗り比べるとDynamicは固いね、と思う程度で、はじめからDynamicに設定されている状態で乗ったら固いとは思わないともいます。

ハンドリングが気に入るか、気に入らないかが分かれ目

R1250GSが気に入るか、気に入らないかはハンドリングが気に入るか、気に入らないかが全てのように思えます。わたし的には。

とにかくR1250GSのハンドリングは独特です。間違いなくこの独特なテレレバーという構造に由来するものなのですが。

ファーストインプレッションでも書いていますが、フロントタイヤの接地感の希薄さだったり、ノーアクションでバンクさせやすい割にはアクセルオンでバイクが起きてくれなかったり、また、バンク中に何かのきっかけで急にさらにバンクしてしまったりと、とにかく独特です。

R1250GSの1台だけ所有しているのであればこのハンドリングにそのうち慣れてしまうのでしょうが、複数台所有しているのであれば、通常のテレスコピックのサスペンションとの違いをR1250GSに乗るたびに感じると思います。

ただ、これは、ひょっとしたら一般道を車の流れに乗りながら出の走行では感じ取れない方もいらっしゃるかもしれません。

ワインディングをそこそこのペースで走ると、あ、なるほど、と思われる方が多いと思います。

また、ハンドリングの素直さ(違和感のなさ)だけだと、以前乗っていたホンダのCRF1100(アフリカツイン)(アドベンチャースポーツではなく無印、ノーマルサス)のほうが間違いなく上です。

CRF1100はハンドリングがとにかく素直です。細くて狭いく曲がりくねった道でも、高速なワインディングでもとにかく素直で、フロントもリヤも接地感が非常にわかりやすいバイクです。

狭いところでの低速での旋回性能の良さはR1250GSと差を感じませんが、低速走行での安定性はCRF1100のほうが断然上です。

最後に

いかがだったでしょうか?

ツーリングスポットに行けば、かなりの確率でGSと出会うのではないでしょうか?

決して悪くないバイクです。R1250GSは。

とうか、むしろ良くできていると思います。

これだけ高価なバイクなのに驚くほどの数が販売されている理由はわかります。

ただ、上でも書いていますが、ハンドリングはとにかく独特です。通常のテレスコピックとは全く違います。

これを良しとするか、悪しとするかは人それぞれだと思います。

ですので、このバイクの購入を検討されている方は是非一度試乗をしてください。

一般道だけでなく、ちょっとしたワインディングも含めて。

試乗をしたうえで最終的な判断をされることを強くお勧めします。特に、このバイクは高額ですので。

それでは、みなさんの参考になれば嬉しいです。

,

ファイナルインプレッションをアップしましたので、あわせて読んでいただけたら嬉しいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA