ふくちゃんのblog
バイクとキャンプと猫たちと
キャンプ

こびりついているステッカーの剥がし方~万能な方法ではないけど、思いのほか簡単~

,

今年最初のキャンプツーリングの時に曲げてしまったVペグ。

タープを張るときに使っているペグです。

この日は風がちょっと強かったのですがタープが飛ばされるほどでもないと判断をして張りましたが、翌日、撤収作業中に曲がっていることに気が付きました。

ペグの打ち方もちょっと横着をしていたのが原因なのですが^^;

Vペグの打ち方についてはこちらのブログに書いていますので、お時間があるときにでも読んでいただけたら嬉しいです。

わたし、普段はペグを全体の長さの2/3くらいしか打ち込みません。

だって、全部打ち込んじゃうと、抜くときに大変でしょ?^^;

風が強い時はペグが抜けないように全部打ち込むのですが、この日は周りにキャンパーさんが全くいなかったので、横着をしていつものように2/3しか打ち込んでいなかったのです。

そうしたら案の定、ペグが曲がってしまいましたT_T

値札を剥がす

と、いうことで、ペグを買いなおしたのですが、ペグに貼られていた値札が厄介者。

なかなか粘り強い値札です。

剥がすのを見事に失敗し、無残な状態に。

ここは焦らず、道具箱から秘密道具を取り出します。

じゃじゃ~ん、シリコンオフゥ~*^^*

一般的には、塗装をするときに、塗装面についている汚れや油分を落とすために使う溶剤ですが、これがこびりついてはがれにくいステッカーに有効なのです。

ホームセンターなどに行くとステッカーを剥がすため専用の溶剤を販売していますが、匂いからしておそらくシリコンオフと同じような成分だと思います。

使い方は簡単。剥がしたいステッカーにシュッとひと吹き。

ひと吹きしたらシリコンオフがしみ込むまで30秒ほど待ちます。

焦らずにしみ込むまで30秒ほど待つのがコツと言えばコツです。

そして、紙のウエスかぼろ布で擦ります。

紙のウエスやぼろ布が無ければキッチンペーパーでも代用できます。ただし、ティッシュペーパーはすぐに破れてしまうのでお勧めしません。

トイレットペーパーは・・・、ご想像にお任せします^^;

今回は3回ほど繰り返すと綺麗になりました。

爪でカリカリするよりはずいぶん早く剥がすことが出来たと思います。

注意!!

このシリコンオフ、匂いが結構キツイです。

匂いが残っては困る物に使用するときは十分注意してください。また、屋内で使用するときは換気が十分出来る環境で行ってください。

また、黒色のプラスチック製品には使用を控えた方が無難です。

とういうのが、白ボケといって、黒色が白く汚れたように変色(変質)してしまう可能性が非常に高いのです。

変色(変質)しても構わない物に使用するのであれば良いのですが、そうでなければ使用を控えることをお勧めします。

そして、シリコンオフはもともと油分を分解するための物ですので、手の油分も分解してしまいます。

つまり、手の油分が無くなり手荒れを起こしやすくなりますので、普段から手荒れが気になる方はゴム手袋などを使用することをお勧めします。

また、表面がビニールなどでコーティングされているステッカーには効果が非常に薄いと思って間違いありません。シリコンオフがステッカーの糊の部分までしみ込みにくいからです。

created by Rinker
ソフト99(Soft99)
¥764 (2022/11/29 02:26:13時点 Amazon調べ-詳細)

終わりに

シリコンオフを使ってのステッカー剥がし。

全てのステッカーやすべての製品に使える方法ではありませんが、覚えておくと思いのほか役に立つのではないでしょうか。

この機会にご家庭に1本。シリコンオフ??^^;

では、皆さんの参考になれば嬉しいです。

,

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA