ふくちゃんのblog
バイクとキャンプと猫たちと
猫日記

この子たちとの生活の意味は ~猫との生活~

,

冬になると

冬の寒い時期になると、猫たちはわたしにべったりとくっついてきます。

寝ているときは布団の中に。食事中は膝の上に。在宅勤務中は膝と肩の上に。

甘えてるんじゃなく、わたしにくっついているとあったかいからなんでしょうね。湯たんぽ代わりですね。

足元には順番待ちもできています。

その証拠に、夏は寄っても来ないので(^^;)

猫は気分屋と言いますが、どうなんでしょうね。本当のところは。

うちの子たちは気分屋というより、どちらかというと、自己主張がはっきりしている、といった感じかもしれません。

してほしいことは、してと主張するし、嫌なことは嫌と主張します。

まぁ、一歩間違えばただのわがままなのですが(^^;)

わたししかいない

息子はもうすぐ大学を卒業。自分のことは自分でできるし、ある程度の資産も残せるので、あまり心配する必要なし。

でも、この子たちにはわたししかいないんですよね。訳あって私が一人になってから面倒を見る人間は。

ときどき、ふと思うのです。

もし、仕事帰りにわたしが車にひかれたら。

もし、バイクに乗っていて事故に巻き込まれたら。

もし、突然病気になって入院してしまったら。

この子たちの面倒はだれが見てくれるのだろうかと。

この子たちのご飯は?水は?トイレは?

そうなるまえに、わたしに何かあった時、この子たちを頼める人を探しておかないといけない、と。

本当はわたしが

そして、ふと、思うのです。

この子たちがいなかったら、いま、わたしはいい加減な生活をしているんだろうな、と。

きっと、その日限りの好き勝手な生活を送っているんだろうな、と。

でも、わたしはこの子たちの面倒を見る義務があります。

この子たちを引き取った時から。

この子たちの命を預かった時から。

だから、わたしはいい加減な生活はしません。

だから、わたしはその日限りの生活もしません。

この子たちにが不自由な生活をしないように。

そして、思うのです。

面倒を見てもらっているのは、私の方ではないのか、と。

いい加減な生活をしないように。

その日限りの生活をしないように。

,

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA