ふくちゃんのblog
バイクとキャンプと猫たちと
猫用品のレビュー

猫のクッションの掃除にぱくぱくローラー!~粘着テープのコロコロより絶対おすすめ~

,

わたしは3匹の猫と住んでいます。

3匹の猫と暮らすとなかなにぎやかで楽しい日々を過ごせるのですが、ちょっと困った問題が。

猫から抜け落ちてしまうです。

春過ぎの冬の毛が抜け変わるタイミングは特に大変で、1日おきにブラッシングをしてあげているのですが、それでも部屋のいたるところに抜け毛が落ちています。もちろんブラッシングをした後に部屋中に掃除機をかけるのですが、抜け落ちる毛のスピードについていけていない感じです^^;

掃除機をかけられる床などはまだいいのですが、猫が使っているクッションなどは気が付けば毛だらけに。

クッションについていた猫の毛が何かの拍子に空に舞い、そして床に落ち・・・。

ですから、毎日でもクッションを掃除したいのですが、なかなかそんなわけにもいかずクッションを掃除するのは結局週に1度程度。

そうなると、それなりの毛がクッションについていて掃除も大変になってしまいます。

ぱくぱくローラー

そんな毛の付いたクッションの掃除にわたしが使っているのがぱくぱくローラー

裏には2つのブラシが取り付けられていて、ばくぱくローラーを前後に動かすだけでこのブラシがクッションについた毛や小さなゴミをからめとってくれます。

このブラシ、おじさん、おばさん世代には懐かしエチケットブラシです*^^*

わたしも中学、高校生の時に持っていました。折り畳み式の小さなエチケットブラシを。休み時間には制服についたホコリをエチケットブラシでせっせと取っていました^^;

ですので、このばくぱくローラー、電池も不要ですし消耗品もありません。

一度購入すればブラシがダメになるまで使えるので、非常に経済的です。

こんなに取れます

それでは、ぱくぱくローラーを実際に使ってみましょう。

1週間ほど猫がゴロゴロしていたAmazonブランドのクッションです。

パッと見た目ではさほど毛が付いているように見えません。

このクッションをぱくぱくローラーで掃除します。念のため、毛が溜まっていないことをご確認ください。

そして、掃除すると・・・、クッションの見た目は変わりませんが、

ぱくぱくローラーの中は・・・

クッションにはこんなに毛が付いていました。

このクッションを掃除するのにかかった時間は2分弱。粘着テープのコロコロを使っている方ならご存じと思いますが、これだけの短時間では掃除が終わらないと思います。

コロコロも優秀なのですが、毛の量が多いとあっという間に粘着力が無くなりテープを剝がさなければなりません。このテープを剥がすという行為が思いのほか煩わしく、しかも時間がかかってしまいます。

その点このぱくぱくローラーは前後に動かすだけ。この差は圧倒的です。

わたしの場合、ぱくぱくローラーを使い始めてからコロコロの出番がほとんど無くなってしまいました*^^*

ちなみに、わたしの家には猫用のクッションが合計で6個あるのですが、それを全部掃除すると・・・

中から毛を取り出すと

これで一週間分です。なかなかの量ですね^^;

コロコロだとテープを何度剥がす必要があったのやら・・・。

最後に

わたしは、掃除はいかに手早く簡単に、それでいて綺麗になるかがカギだと思っています。

手早く簡単でなければいくら綺麗になってもそのうち掃除が煩わしくなり、掃除をする間隔が長くなり、結果汚れた状態が長くなってしまいます。

一方、いくら手早く簡単であっても、綺麗にならないのであれば掃除をする意味がありません。

そんなわたしがお勧めできるのが、このぱくぱくローラーです。

ぱくぱくローラー。猫の毛だけでなくもちろん犬の毛にも有効です。

また、クッションに限らずカーぺーとの掃除にも、もちろんお勧めです。

気になるブラシの耐久性ですが、今回ご紹介したぱくぱくローラーを1年2か月以上使っていますが、今のところ絡まった毛が取れにくくなったと感じることはありません。

とは言え、使っていればブラシは傷んでくるでしょうし、それに本体も汚れてくるので、2年ほど使用したら買い替えようと思っています。それほど高価な商品ではありませんから。

では、みなさんの参考になれば嬉しいです。

,

created by Rinker
日本シール(Nippon Seal)
¥1,473 (2022/11/29 10:29:38時点 Amazon調べ-詳細)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA