ふくちゃんのblog
バイクとキャンプと猫たちと
日々の生活の日記

ダイソンのコードレス掃除機 Dyson Digital Slim Fluffy (SV18FF)を買ってしまいました

掃除機を買い替えました。

ダイソンのコードレス掃除機 Dyson Digital Slim Fluffy (SV18FF) に。

と、言うことで、 Dyson Digital Slim Fluffy (SV18FF) を選んだ理由についてお伝えしたいと思います。

コード付きかコードレスか

今まで使っていた掃除機は、日立のコード付き+紙パック式のCV-PW20(2013年式)でした。

長年酷使してしまったため、延長管をロックする”つめ”が折れてしまったのと、延長管の中の配線(フレキシブル基板(フレキシブルプリント)?)が断線し、ヘッドの回転ブラシが回らなくなってしまいました。

今まで使っていたこの掃除機。特段不満はありませんでした。

吸引力も申し分ないし、部屋の角のゴミもしっかり吸ってくれるし、回転ブラシのおかげ(?)で押し引きも軽いですし。

それに、ゴミパック式なので、ゴミを捨てるのも簡単なのもわたしにとってはプラスポイントでした。

ただ、唯一不満な点を上げるとすれば、電源コードがあることでしょうか。

今住んでいるアパートはそれほど広くないため、掃除をしている最中に掃除機の電源コードがいろんなところに引っ掛かってしまい、このため、電源コードの存在が鬱陶しく思えてしまうことでした。

ですので、買い替える掃除機はコードレスタイプを希望しました。

ただ、コードレスタイプの掃除機の吸引力があまりにも低いようであれば、コート付きの掃除機にする予定でもありました。

コードレスの中で吸引力の強い機種

掃除機を買いに行ったのは、いつもの家電量販店。

いつもの店員さんに、コードレスの掃除機がほいんですよねぇ~と相談したところ、まず最初に言われたことが、最大の吸引力は国産(Panasonic、日立、シャープ)はほぼ同じですよ、と。

最大吸引力を基準にコードレス掃除機を選ぶのであれば、ダイソンかShark(シャーク)の2択だとのことでした。

吸引力を比べてみたところ、確かに国内メーカーの製品は吸引力が弱かったです。ちょっと残念なくらい。

ただ、吸引力が強ければゴミを確実に吸い取ってくれるとは限らないのですが・・・。

それに比べ、ダイソンとシャークのコードレス掃除機は、これならいいね!と思えるくらいの吸引力があるのです。

ただ、わたし。海外メーカーの家電はあまり好みではないのです。

海外メーカーの家電は、ある機能はとびぬけて素晴らしいのだけど、それ以外がイマイチ。国内メーカーの製品はとびぬけていい部分は無いけど、トータルで見ると性能的には上では?といったイメージなのです。わたし的には。

ダイソンの掃除機も、ダイソンが日本に進出してきたばかりの20数年前に購入したのですが、えっ!ここが壊れるの?といった部品が壊れたり、部屋の隅っこの吸い残しが酷かったりであまりイメージを持っていませんでした。

しかし、この店員さん。過去2台ほどダイソンのコードレス掃除機を使用してきたそうですが、故障は無しとのこと。また、シャークの掃除機に関しては、アメリカではダイソンより売れているとのことでした。

ただ、シャークのコードレス掃除機(CS401Jだったかな?)は発売されてから1年程度だそうなので、製品の耐久性が未知のため店員さんも使っているダイソンの製品にすることにしました。

Dyson Digital Slim Fluffy シリーズの違い

今回わたしが購入したダイソンのコードレス掃除機はDyson Digital Slim Fluffy (SV18FF)。

このDyson Digital Slim Fluffy (SV18FF)には4つのモデル(メーカーの通販サイト限定モデルを含めると)がありますが、色と付属品が違いうだけで本体の性能に差はありません。

Fluffy Pro (SV18 FF PRO)
Fluffy+ (SV18 FF COM)
Fluffy (SV18FF)
Fluffy Origin (SV18 FF ENT)
スリムフラフィクリーナーヘッド
ミニモーターヘッド
×
コンビネーションノズル
LED隙間ノズル
× ×
隙間ノズル
××
ハードブラシ
× ×
延長ホース
× ×
フトンツール
× ×
専用充電ドック
×
収納用ブラケット
Digital Slim脱着式バッテリー充電器
× × ×
ツールクリップ
Dyson Digital Slim Fluffy (SV18FF) 付属品一覧

この4つのモデルの中で、わたしが迷ったのがFluffy(SV18FF)と Fluffy Origin (SV18FF ENT)。

付属品で、ミニモーターヘッドはいらないけど専用充電ドックは欲しいな、と思ったからです。

Fluffy Origin (SV18FF ENT) にして 専用充電ドックを買い足そうかと思ったのですが、純正品の販売は無いとのこと。

似たような社外品を購入しようかと思ったのですが、それらの金額は約3,000円~5,000円。

一方、Fluffy(SV18FF)Fluffy Origin (SV18FF ENT) の価格差は13,000円(わたしが行った家電量販店価格で)。

さらに、販売価格の関係で、無料保証期間がFluffy Origin (SV18FF ENT) が3年間なのに対しFluffy(SV18FF)は5年間。

なので、価格差13,000円をぐっと飲みこんでFluffy(SV18FF) を購入することにしました。

終わりに

と、言うことで、ダイソンのコードレス掃除機を買ってしまいました。

当初は、日立のコードレス掃除機かな?と思っていたのですが。

しかし、やっぱり店員さんの知識はすごいですね。

素人がネットで得た知識とは全く違います。

ネットの中途半端な口コミを見て購入を決めた商品。ネットで購入したので実店舗より安く買えた!と思っても、いざ使ってみたら思いのほか残念!といったことはよくあることです。

確かにネットより実店舗で買う方が高い場合が多いです。でもそれは、商品を手に取って確かめられたり、ほかの商品と比べられたり、さらには、店員さんによる的確なアドバイスおもらえたり、購入後のアフターサービスの料金だと思えば、決してその差は多くない、むしろ、失敗した商品を買ってしまうことを思えば安いくらいではないでしょうか?

ということ、決して安くはないダイソンの掃除機ですが、今回も大変満足できる購入でした。

ちなみに、洗濯機もこのお店のこの店員さんから購入させてもらったのですが、残念なことに1年ちょっとで壊れてしまいました。

でも、この店舗に電話して、すぐに修理が終わったので、結果、このお店で購入してよかったな、と思っています。

このことについては、こちらのブログに書いていますので、あわせて読んでいただけたら嬉しいです。

では、みなさんの参考になれば嬉しいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA